目次
 

 

【全体】

■申込方法

<申込書郵送・FAX><ホームページ専用フォーム>より受付します。

ホームページ専用フォームは、コースごとに設けておりますので利用時はご注意ください。

■締切

活動1週間前となります。以降の申込は事前に問い合わせください。
空きがあれば、受付可能な場合があります。

■参加費の入金方法

申込確認後、郵送にてご案内します。(事前入金)

■参加費の加算、割引

各コースごとのQ&Aをご確認ください。

■新型コロナウィルス関連対応、開催中止となる場合について

別途、情報をまとめております。こちらでご確認ください。

■福井県外在住者の申込は可能?

8/1以降のプログラムに関して受け入れ可能です。

(新型コロナウィルスの段階別緩和ステップ4を参考ください)

※感染拡大等の状況によっては不可となる場合もあり得ます。予めご了承ください。

 

【貸切】

■申込時、人数の申告

申込時の予定数をお伝えください。

保険届出の都合上、参加3日前までに参加者予定者の情報を集約し提出をお願い致します。

■食材

お持ち込みください。(飲食の提供はありません)

生もの等の保存用に施設内の大型冷蔵庫が利用いただけます。

■人数による参加費の変動について

小学生以上「6名まで」:一律7,000円

小学生以上「7名以上」:1名増えるごとに1,000円加算

例:小学生以上10名のグループ:11,000円(4名×1,000円)

幼児以下は無料です。

■機材の貸し出しについて

別紙パンフレットの一覧をご覧ください。

利用当日のご希望にも対応しますが、前もって希望をお伝えいただきましたら準備も可能です。

■スタッフの活動支援について

森遊び、川遊びなど自然フィールドへの引率・安全管理支援ほか調理補助(火起こしレクチャー)、クラフト指導(工具等使用時助言)が可能です。前もってご希望いただくか、当日ご相談ください。

■子どもだけでの参加は可能?

保護者など大人の方が同伴してください。

家族やグループで自由にのびのびと過ごす活動を原則としたプランです

思い出づくりの手助けとして、スタッフもサポートいたします。気軽にご相談ください。

■遊び道具について

こちらでも一定数用意しますが、状況により数に限りが出ることも考えられます。

■グループの枠組みは?

グループの制限はありません。家族に限らず、子ども、学生、大人など広くお誘いいただきリフレッシュの機会を支援できればと考えております。

 

【サバイバル】

■小学2年生以下の参加

プログラムのねらいから、原則不可となります。ご希望の場合は、お子様本人の意思を確認のうえ、ご相談ください。

■活動に伴う3密対応

生活班の構成…子ども5人に支援スタッフ1~2名を基準とします。

テント泊…原則2名以内での利用とします。

消毒…生活ルールとして全体共有、徹底に努めます。

■災害時を想定したプログラムの特性

モノが限られたり、天候の変化など「思い通りにならない」ことがおきることもプログラムの一要素とします。それらを介して、チャレンジの場面と遭遇する可能性もございます。

■食物アレルギー対応

事前にご相談ください。食物系アレルゲンは原則除去にて対応します。

その他アレルゲン(花粉、草花、動物、参加者の持参する持ち物等)の完全な除去を行うことはできません。常備薬の持参等、各参加者で必要な準備を行ってください。

■入浴の有無

災害時生活を想定させるねらいから、基本的には設定しない予定です。アトピー等体質的な事情がある場合は、ご相談ください。

■参加費割引条件

友達同士や兄弟姉妹などで申込される場合、参加費は以下となります。

Aコース(9/12-13)9,000円

Bコース(9/19-22)19,000円

 

【ミニプログラム】

■プログラム単位の参加は可能?

可能です。

■保護者のプログラム参加

一緒に参加、子どもの様子を参観なども可能です。

■人数による参加費の変動について

小学生以上「3名まで」:一律3,500円

小学生以上「4名以上」:1名増えるごとに500円加算

例:小学生以上5名のグループ:4,500円(2名×500円加算)

■飲食の提供

クッキングプログラムのみ提供します。

ネイチャーからクラフトへ連続参加される場合は昼食を持参ください。

アレルギーの不安がある方は事前に相談ください。

■持ち物

プログラムごとに必要な持ち物が発生する場合があります。

準備の際は忘れ物がないよう十分ご注意ください。

■荒天時のプログラム内容変更について

屋外プログラムの場合は、内容を変更して実施するものもあります。

詳しくは紹介ページにてご確認ください。

■水遊び、川遊びの際の服装は?

日焼け防止の為必ず上着着用の上での川遊び、水遊びになります。

水着、ラッシュガード又は濡れてもいい服をご用意ください。

川に入る際は怪我防止・安全指導の一環として「靴下を履いた上でウォーターシューズなどの着用」を推奨します。ご了承ください。

■クロックスで川に入ることはできますか?

川に流されることがあるので不可です。必ずかかとでとまる物をご用意ください。

■森に入るときの服装は?

虫刺され予防として、森の中にに入る際は「長そで」「長ズボン」が必要となります。

■火起こしの際の服装は?

軍手、帽子、靴下必須です。やけど予防として長そで長ズボンも役立ちますが、熱中症等のリスクもあるため、服装は自由とします。